About

●profile

製作者、坂井 祖(はじめ)です。1978年1月生まれの現在39歳。

ブランド名は私の名前「祖先」の英訳です。ある番組でヤイリギターのマスタークラフツマン小池ケンジさんの雄姿を目にしたときの衝撃から楽器製作を志したのは2004年春でした。当時勤めていた会社を辞めて地元の千葉県外房を離れ、単身名古屋の中部楽器専門学校へ入学。卒業後は会社に勤めながらアマチュアビルダーとしてオーダーをこなしていました。2011年にファインウッドの森さんのお誘いで「真冬のアマチュアビルダーコンテスト」に出展。オーダーの数が安定して増加していくなか2012年秋に会社を辞め、プロ製作家に転向することを決意。その年の暮れまで開業の準備。2013年プロ製作家としてデビュー。

 

 

 

 

●略歴

  • 2013年1月、準備が整いプロ製作家として船出。
  • 5月東京ハンドクラフトギターフェス出展。
  • 6月ウクレレマガジン・バイヤーズガイドに掲載。
  • 9月ホノルルへ営業。
  • 11月大阪サウンドメッセ出展。同月、アピラックシグネイチャーモデル製作。アピラック・プライベートライブを当工房にて開催。
  • 2014年3月プロミュージシャン・海田明裕さんを工房にお招きして工房ライブを開催。
  • 5月第10回東京ハンドクラフトフェスに出展。
  • 5月末大阪岸和田、ウクレレショップ・オハナにて販売/取扱開始。
  • 2014年6月116日発売となったウクレレマガジンvol.11「にっぽんのウクレレ工房」に掲載される。
  • 現在プロ転向5年目です。

 

simple handmde ukulele

木材そのものの持つ音・風貌の魅力をどこまでシンプルに引き出せるかということに重きを置いて取り組んでいます。弾いてみて、なるほどと思うような楽器を製作していけるように努力して参ります。世界にはたくさんのウクレレビルダーがいます。個性的なデザイン、メーカー品にはない趣向を施したり様々です。私はオータサンが弾くウクレレに惹かれてこの世界に入った人間です。ごく自然にマーティン3Mの虜になりました。やはり製作するものもそのテイストを目指して来ました。オーソドックスなウクレレスタイルの追求。ほんとに深い世界です。マーティンウクレレが醸し出す素朴な格好良さはどこから来るのか。全く無駄のない柔らかなボディライン。軽くしなやかなネック。豊かな鳴り。どこをとっても狙った格好良さではなく存在自体に雰囲気があるのが一番凄いと思います。いつかそんなウクレレを作り出せるビルダーの一人になれたらいいなと思います。

 

Logo Mark "A"

 

 

 

 "Ancestor's "の頭文字「A」と八分音符「♪」を掛け合わせたデザインのロゴです。大判黄蝶貝からハンドカットで切り出して成形後にヘッドの黒壇付き板に埋め込んでいます。毎回フリーハンドで貝にケガキを入れているため厳密に同じものは存在しません。それも手工の趣きの一つです。

studio

 

 

 

 

工房は5畳半の小屋。

ここで製材から製作、塗装から仕上げまで全て行っています。

 

 

 

自宅敷地内の小さな工房です。

 

3月末には富士桜、4月下旬ごろからゴールデンウィーク頃までタイムの花達が一斉に咲きます。とてもいい香りに包まれます。朝は9時から夕方6時まで、夜は9時半から11時まで製作しております。定休日は日曜日です。

 

工房のご見学にお越しの際にはご連絡ください。

 

〒505-0038

岐阜県美濃加茂市中部台2-1-12

ANCESTOR’S UKULELE

TEL 080-5013-7737