all handcrafted ukulele by hajime sakai

9日に木工を終えた3台は塗装から上がり最後の仕上げにかかっています。


製作サイドにおいての音の3要素。ナット、サドル、フレット。もっと細かく言うとヘッド角や指板の厚さ、フレットの大きさ、ブリッジにおけるサドルまでの弦の立ち上がり角、弦の止め方や結び方、それらを受けるボディの剛性や形状…。結局のところ構成要素の全てが製作者の考えの結晶だったりするわけです。そしてハッキリとした、これが正解というものがない。だから面白い。もう木工の最初の最初、製材時点で音作りの大半の勝負は決まってしまうと思ってやってます。木工段階では最初の工程ほど音作りに関しては重要で、後半は飾り付けが多い。塗装を終えて仕上げ作業以降では最後に向かって重要度が増していきます。最後でどれだけ納得行くところまで持っていけるか。木工段階のテンションセッティングがいよいよ弦を張って試される。予想とのズレを詰めていく。ここが勝負。良い楽器に化けさせる最後の魔法。それが調整作業です。ここをクリアして初めて楽器として完成したものになります。

そうそう、今後出荷するウクレレに同梱する小冊子を20部ほど作りました。それと工房Tシャツも…。これ着て仕事してます。気合い入るんですよ。インスタグラムでこのTシャツをアップしたら欲しいと仰っる方が数名みえたので販売…する予定は今のところありませんがいずれ何かのイベントなどに持っていくこともあるかも⁉︎
6/20 wed






minor chenge

 工房を構えて六年目となりました。丸五年を経ても開業当初からのハンドメイドによる製作スタイルは変わりません。でもボトムオーナメントの髭やピックガードの材質や形も最初の頃と少しずつ雰囲気が変わってきました。カメルーンエボニーなどの銘木を使ったウッドピックガードやボディの飾り付けにヘリンボーンをあしらったり…。昔はセルロイドバインディング一辺倒でしたが今はローズウッドバインディングになりました。装飾含めて全て「木」を使って作り込んでいます。音の作り方もほんわかと柔らかいものに変化してます。今年は一つ一つ細かい所まで見直しているところです。より魅力的なウクレレを目指して努力して参りたいと思います。

 

 


Gallery of ukuleles

 


 

UKULELE SHOP OHANA WEB STORE PAGE

画像を選ぶと販売中の当工房製作ウクレレ直販サイトへジャンプします。

ウクレレショップオハナさんの日本人ルシアーページ、<SOLD OUT>にはこの他にも過去に販売された当工房のウクレレが多数掲載されております。ぜひご覧ください!※画像はオハナさん了承の上、転用しております。

 

 

 

2018年よりポエポエさんにて販売が始まりました。

 

先日納品させて頂いたばかりのソプラノモデルの紹介記事はこちらです。

 

 

 

 

◎ヤマハミュージック名古屋店 

営業時間 10:30~19:00

定休日 火 ※(水)担当者 シフト休

TEL 052-201-5153

 

Style-6CM (写真左)

¥210,600(税込)

サイズ:コンサート
トップ:シダー  サイド、バック:マンゴー
ピックガード: 縞黒檀
指板: 縞黒檀
ネック: ホンジュラスマホガニー
バインディング: ローズウッド
ブリッジ: エボニー
パーフリング: ヘリンボーン
スケール: 397mm

Style-4M(写真右)

¥164,160(税込)

 

サイズ:コンサート
トップ サイド、バック:ホンジュラスマホガニー
指板: 黒檀
ネック: ホンジュラスマホガニー
バインディング: ローズウッド
ブリッジ: エボニー
パーフリング:ストライプ
スケール: 381mm

 

 

 

 

 

◎島村楽器梅田ロフト店

 

 
・スタイル7MSL ホンジュラスマホガニーソプラノロング
…島村楽器梅田ロフト店ブログ記事はこちら

SIMPLE IS BEST/All Handmade Ukulele

 by Hajime Sakai

 

made in Gifu Japan

 

my favorite words

"Where there's a will, there's a way."

 


工房の見学をご希望の方はこちらから