ukulele building

ukulele building · 23日 2月 2021
昨年末に完成させた自家用ウクレレ「クラシックコンサート」です。オールマホガニー単板ボディの381ミリスケールで12フレットジョイント。コンサートというか不思議なんですが大きなソプラノを弾いてる感覚があります。こちらのウクレレにLRBaggs社のアクティブタイプピックアップ、five-oを搭載して最近始めたstand.fmというインターネットラジオ番組の中でスピーカーサウンドのウクレレを演奏しています。ぜひご試聴下さい♪ いつもクラシックコンサートのボディは木工段階で共振周波数域を220Hz近辺、つまりA音周辺でよく鳴るように組み上げているんですが今回は試験的に半音上のB♭で最も箱鳴りするように組みました。キーFの曲調で4度の音にボディがよく響き結果的にB♭△7やFadd9thなどのテンションコードでとても心地の良いラウド感を伴った響き方をしています。良かった良かった。 クラシックソプラノやモダンソプラノのボディにはセオリー通り共振周波数域をCに合わせて作ります。そうすることで小さなボディでも迫力のある太い音に聞こえるように組み上がります。…あ、違う違う。今日のお題はそういう話じゃなかった。
ukulele building · 16日 2月 2021
お久しぶりです。皆様の調子はいかがでしょうか。お陰様でこちらは一家元気に暮らしております。「二月は逃げる」と言いますが早くも如月半ばとなりました。工房ではようやく今年の初モノが完成し、今後ポツポツと新作ラッシュに入って参ります。ポツポツとラッシュって可笑しな表現ですが…。 ・ ・ ・

ukulele building · 15日 1月 2021
ご無沙汰しております。あいも変わらずひたすらにウクレレ制作に勤しんでおります。前から疑問だったんですが「制作」と「製作」ってどう違うんですかね。自分の仕事内容からして制作じゃなくて製作な気もしますが。いきなり話を脱線してしまいますが最近初めて知った正しい言葉の使い方って案外沢山ありました。さすがに「初めて」と「始めて」の使い分けぐらいは知っておりますが。これから春の卒業式やら新生活に季節は向かって行くわけですがその席でよく耳にする門出を祝う慣用句に「ハナムケ」って言うじゃないですか。あれを今まで「花向け」だと思ってたんですよ。お祝いなんだから当然「花」だろうと。正しくはまさかの「鼻」でした。故事で馬の行く方向を意味して鼻向けだとか。知らなんだ。恥ずかしや。 ・ ・ ・ ・
ukulele building · 06日 1月 2021
皆様明けましておめでとうございます。←遅っ! 昨シーズンとは打って変わっての大寒波な日本列島。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・ ・ ・

ukulele building · 29日 12月 2020
今年もあと三日となりましたので一年振返り動画をvlog撮影しました。何の台本も用意せずにいきなり本番でカメラ回したものをそのままノーカットでアップしたので、かなり雑な話の流れになっておりますがどうかご容赦願います…。心お優しい方、良かったらご覧下さいませ。 ・ ・ ・ ・
ukulele building · 13日 12月 2020
五月頃の記事の中で「夏に油断せず秋に備えて冬を耐え来春のワクチンを待つべし」と書き記しましたが、はたまたその記事から一春越えた頃にはきっと一筋の光が差し込むものと希望を持って今を耐え凌ぐ想いであります。 ・ ・ ・

ukulele building · 09日 12月 2020
故障していたスマホの交換機が昨日やっと手元に届きました。電話がない数日の間、連絡が取れずご迷惑をお掛けしました。 ・ ・ ・
ukulele building · 03日 12月 2020
そうなんです。前回のブログの〆でもお知らせした通り使用中のiPhoneが故障中でアップルに修理依頼しております。ゆえに12月半ばまで世間様と通話はできません。工房に御用の方はこちらからご連絡下さいませ。

ukulele building · 21日 11月 2020
「散歩ですか?」 「いいえ、まだです」 ・ ・ ・...
ukulele building · 21日 10月 2020
シンカーマホのモダンソプラノ(左) シンカーマホのクラシックソプラノ(右) ・ ・ ・ ・ 塗装前の最終研磨を終えました。 作ってるそばから涎物の木地の美しさです。 ・ ・ ・

さらに表示する