奈良/大阪 国道470キロの旅 後編

旅の寝床を畳んでまず向かったのは奈良の東大寺。実は一度も行ったことがなかった。そして旅の最終目的地梅田へ。島村楽器梅田ロフト店さんの御厚意で今回はお邪魔することになった。旅先に人との出会いがあると記憶に花を添えることができる。良い旅になることを祈った。

 

 

 

「鹿が入ります 戸をお締め下さい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言えばここ奈良公園は鹿がいることを忘れていたがほんとにいるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとにいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小鹿。かわいい。奈良公園にはほんとに鹿がいた。もしや東大寺にも...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかし凄い人の数だ。中国語が方々から聴こえてくる。

8世紀に貴方方の国から学んで建立したもの。13世紀後の人が観光に来るとは不思議なものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで鹿がふつうにいるとは考えてなかった。もはや観光客たちのアイドルと化している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南大門。

慶派の傑作。「動」の佇まい。目の前にすると圧巻だった。

 

 

このあたりには受験でさんざん暗記していた寺や像があちこちにある。

信長で有名な「蘭麝待」がある正倉院も大仏殿の裏手にあった。

 

古代から中世に権勢を誇った藤原氏ゆかりの春日大社もあった。

脱線話だが名字で佐藤だとか伊藤だとか加藤だとか

「藤」のつくのは全部、藤原姓が由縁ときいたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄い迫力だ。止まっている像が今にも動き出しそうだ。

 

感動したのでもうワンショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しとしと雨が降る中、いよいよ巨大な大仏殿に迫る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ金色堂へ。写真だけでこの迫力をどれだけお伝えできるかわからないが言葉では言い尽くせないものを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盧舎那仏坐像

 

工費が現換算約4700億円、のべ260万人による大工事。

建立にいたる経緯はここでは割愛するがとにかく凄まじい大きさだ。

 

聖武天皇の時世に対する深い思いを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8世紀の人が作り上げ、

平家の戦火、戦国時代松永久秀による兵火や

度重なる倒壊など災禍に見舞われながらも

21世紀の今に至るまでずっとここでこのようにしてある。

その事実が凄まじい。

 

 

重機などない時代。

 

全て人の手でこの巨大な木像を作り上げたことを考えるとその凄さに圧倒される。 

 260万もの人がひとつの意思を持ったかのような

まるで一人の仏師がひとつの巨像を作ったかのような

 

 

とにかく想像絶する事業を古代の祖先たちが成し遂げたことへの畏怖を感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廣目天

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや凄かった。

散々勉強した日本史がこの年になってこんな感動につながるとは。

夢にも思わなかった。

 

ほんとに来てよかった。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

最終目的地、大阪梅田へ向けて車を走らせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに大都会だ。名古屋とはまた違う賑やかさ。

昨日走ってきた秘境とは真逆の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高級ギター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピグノーズ内臓ウクレレが気になった。

ピグノーズアンプもってるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃっかり自分のウクレレを置いてみた。

祝、島村楽器初上陸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の機会を作って下さった本田さん。初めまして!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日にもかかわらずひっきりなしにお客さんがやってくる。

韓国からのお客さんの接客をする本田さん。

何ともワールドワイド、こりゃすごい。

 

本田さんいわく、 

 母国にはない高品質が日本の楽器にあるからやってくるとのこと。

なんだか日本人として嬉しい話だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのウクレレ、いざ実食の本田さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道の京都。車の中から東寺の五重塔を撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は国道1号をひたすら東へ。

草原の絶景、奈良の国宝、大阪。

とても有意義な旅だった。

 

 

 

[奈良/大阪 国道470キロの旅] ~完~

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント: 0