奈良/大阪 国道470キロの旅 前編

旅の前半。美濃加茂を出発し国道41号を南下して国道1号を西に三重県伊賀方面へ。伊賀から国道368号を奈良県曽爾高原(そにこうげん)へ向かって南へ。曽爾高原でフォトトレッキングを楽しんだ後はキャンプ地、京都府の南端にある笠置町へ向かった。

 

 

 

伊賀の里を抜けて行く道中に出会ったローカル線。

ディーゼル音を轟かせてガタンゴトンとやってきた所を撮った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜のローカル線とは一味違った趣。

三重から奈良に向けて走って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屏風岩山群を縫うようにして三重・奈良県界の国道を進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曽爾村に入った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曽爾高原に到着。

車を停めて高原の一本道を歩いていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起伏に富んだ草原の中の道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄曇りの合間からやわらかな陽射しが草原の海を金色に照らし始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散策路脇の薊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し上がってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの木の階段に気分もはずむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩秋の金色に揺れる芒群に思いを馳せながら歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

日は隠れ、段々と雲が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元にもうっすらとした雲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太古、小さい隕石でもぶつかってこんなぽっかりとした景色が生まれたんじゃないか。

そんなこと考えながら山頂を見つめていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高原から曽爾村を望む

 

 

 高原全体が南南東に向かって開けている。

北方向から朝日が昇る東方向にかけては山頂からの斜面が壁となっている。

そのため早朝に朝日が差し込む場面は撮れないと思う。

 

夕刻あたりからのマジックアワーが金色に輝く芒原の撮りごろではないだろうか。

11月下旬にまた夕方を狙って来たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄雲の中に沈む奈良の山々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰路。周りはほんのりと薄暗くなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミリーハイカーが山を降りて行った。私も降りよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽射しの差した金色、薄曇りの寂しげな深緑。どちらも良かった。

晩秋の芒も見に来たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり陽も暮れてしまった。

今日のキャンプ地、笠置町を目指して車を走らせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の野営地、笠置キャンプ場の夜。

予報では夜中にどしゃ降り。今は星空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜もFIREBOXで小さな焚き火。

ソロ野営にはちょうどいいサイズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クーラーボックスでキンキンに冷やしておいたビールで今宵も乾杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩飯はこのケーちゃんだけ。あとはひたすら呑む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予報通り夕べの雨風は凄かったけどテントはびくともしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝飯はうどん。食後には珈琲を淹れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降ってきた。早めに片付けよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本降りになる前に撤収することができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が強まってきた。

笠置は三度目だが全部雨だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざーざーと降っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都ナンバーの原付ソロキャンパーはまだおやすみ中のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は青看右、柳生の里から来た。今日は左、木津川市方面へ。

 

いざ東大寺へ。

 

 

 

 

後編へつづく

 

 

 

 

 


コメント: 0