五箇山合掌村の旅

日曜早朝

 

   

 

目的地は世界遺産の五箇山合掌集落

 

     今回は納品や営業など一切なく純粋な写真旅。

 

 

 

道すがらコバルトブルーの湖の畔り、「神秘の橋」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつものスノーシェッドを抜けて富山と岐阜の県境へ向かう

 

 

 

この工事用信号機に出会うと

 

水曜どうでしょうファンはときめいてしまう...

 

 

 

5,4,3,2,1....GO!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コバルトブルーの湖

 

早朝の薄曇りが独特の雰囲気を醸し出していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注ぎ込む渓流もコバルトブルーだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「神秘の橋」

 

朝霧が立ち込めて来るのを

じっと待っていた

 

 

橋の向こうから白い雲みたいな

霧が川下に向かって降りてきたところで

シャッターを切った

 

 

まるで油絵みたいだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋の奥の朽ちた木

 

 

きっと濁流とともに運ばれてきたんだろうけど

 

いつからここにあるのだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい景色に出会えて良かった



一路、五箇山へ向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五箇山菅沼集落

 

 

実際にここで生活が営まれている

 

 

 

生き生きとした風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと残していきたい日本の原風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は五箇山相倉にある野営場に宿泊した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーで安売りしていたトントロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100均網で炭火焼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆にキツネうどん

 

あとはウクレレマガジンvol.9読みながら夜を過ごした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜が明けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝は99円のたぬきうどん

 

とても清々しい朝だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.7.10