ブログカテゴリ:ukulele



ukulele · 20日 9月 2019
今日、ヤマハ楽器名古屋店の伊藤さんから八月に納めた二本が無事完売した旨の連絡を頂きました。ほっとしました。まだ誰も僕のことを知らなかった工房立ち上げの頃、何処から手をつけて行けばいいのか分からず右往左往したことを思い出しました。テンプレートもモールドも何もない。ゼロから作り始めて今に至るまで色んな人との出会いがあってここまで続けて来れたのも支えて下さる皆様のお陰です。ポエポエの谷岡さん、クワイエットヴィレッジの堀口さん、名古屋ヤマハ楽器の伊藤さん、島村楽器梅田ロフト店の田中さん、オハナの馬野さん。全幅の信頼を置けるスタッフの皆様のご協力にも感謝です。何と恵まれた環境にいることか。ショップ販売の次の納品は岸和田のウクレレショップOhanaさんです。来月中ごろに目下製作中のベアクロウドイツ松トップ、モダンコンサートとモダンソプラノの2本が行きますよ。同じころに東京ポエポエさんにベアクロウドイツ松のクラシックコンサートが行く予定です。お楽しみに! ・ ・ ・ ホームページを通じてオーダー下さる皆様にも感謝。現在一年半待ちの状態ですが、どうか楽しみにお待ちください。

ukulele · 01日 8月 2019
今日は午後に長女を連れ出して市民プールに行って来ました。私、泳ぎにはちょっとだけ自信がありまして41歳になった今も25m息継ぎ無しで潜水出来るんです。小学校六年間スイミングスクールに通って得た財産ですね。娘にバタバタしないバタ足を少し教えて来ましたよ。…さて、本題です。 ・ ・ ・

ukulele · 03日 7月 2019
7月入ってすぐの月曜の午後に鎌倉からクワイエットヴィレッジの堀口さんが工房にやってきました。前回の工房ツアーと同じく最初に米原の戸田ギターズさんのところへ伺って次に美濃加茂、そして鎌倉へ帰るという強行にフットワークの軽さというか熱いバイタリティーを感じました。こんな田舎の工房まで来てくださってほんとに感謝です。 ・ ・ ・

ukulele · 14日 6月 2019
新作が到着した全国のお店から順次連絡を頂きまして昨日はほっと安心しました。毎回のことですが発送してから到着の第一報が届くまでが一番緊張します。無事に届いたかという事と、作ったものに対してのお店の反応の二点でお店からの到着報告は試験の合否判定みたいな緊張感を伴います。少なくとも2か月以上かけてただの木の塊からウクレレに仕上げていくまでのたくさんの工程がその一報に凝縮される瞬間です。目の肥えたショップの合否判定はそりゃ厳しいのが当たり前ですよね。その目に適ったものだけが店頭に並んでいくわけですから。甘くはない。お店はエンドユーザーに喜んでもらうために日々販売努力を続けていて、そのサイクルに入れて頂くために作り手として精一杯頑張ってます。使う人の笑顔が見たい。実際に見ることはできなくても想像しながら毎日ウクレレを製作してます。

ukulele · 12日 6月 2019
3か月ぶりのショップ販売情報アップです。今回は全国3店舗へ4本納めさせて頂きますので順番にご紹介します。 ・ ・ ・ まずは今回初めての納品となります、鎌倉のクワイエットヴィレッジさんにサイズ違いで北米杉の2本。

ukulele · 02日 4月 2019
工房のフラッグシップ機になる予定のLL。絶賛アバロン埋め作業中です。12フレットジョイント、410ミリ。果たしてどんなサウンドになるのか今からもう楽しみです。緑馬蹄ロゼッタを挟み込むアバロンが二巻。パフリングに一巻。合わせて三巻。これは贅沢。音も装飾もまさにラグジュアリー。ハワイアンシダーウッドやコアトップにしてさらに贅沢にしたら…それも面白いかも知れないなんて作りながら妄想しちゃってます。 ・ ・ ・

ukulele · 15日 3月 2019
「個人製作家さんに楽器をお願いするってことはさ、何か夢を見せてほしい部分があるんだよな」 いつだったか、だいぶ前にとあるオーナーさんとの打ち合わせの時のお言葉です。 当時それに応えられたのかはわかりませんが僕みたいな小童ビルダーでもやってやるぞっていう気概だけはあるんです。気概だけは…。...

ukulele · 04日 3月 2019
いつもNHKラジオをつけて作業してます。たいてい集中してると耳に入って来ません。単につけているだけな感じです。しかし今日の「昼の憩い」で聴こえて来た琴の調べにはヤラレました。やっぱり自分は日本人なんだなぁと改めて実感したというか。ラジオから小宮瑞代さんというアーティストらしいことをメモしておいて昼飯時に動画を検索しました。そこで聴いたのが「ふるさと」でした。 ・ ・ ・

ukulele · 25日 2月 2019
理想的な作りは団扇。いい団扇って軽い力で風がボワっとくるじゃないですか。膜も薄くて骨も細い。ウクレレの表板とブレイスの関係そのものですよね。あの膜に必要以上にぶっとい骨組みが施されてるなんて見たことない(当たり前か)。機械生産の量産品じゃなくて伝統工芸の団扇職人さんてたぶんウクレレ作りに近い感覚を持ってるんじゃないかって気がするんですよ。小さくて軽い物創りはほんのちょっとしたディテールの違いで結果が大きく変わるんです。やっぱりそこが面白いんですよ。 ・ ・ ・ ・

ukulele · 14日 2月 2019
Modern Concert-long 396mm 14fret joint top/シトカスプルース side&back/カナディアンタイガーメイプル f.b./縞黒檀 neck/mahogany ・ ・ ・ ・

さらに表示する