ukulele · 15日 10月 2018
何年も理想ばかり語っていても何も始まらない。動こう。つべこべ言わずに。起承転結の転は待っていて訪れるもんじゃない。自らもぎ取るべし。 という訳で思い切って三晃製作所様に特注フレットを発注しました。基本的に1ロット30キロからの受注になるので3回ぐらい個人工房人生をやらないと使い切らないであろう量かつ出費です。...
ukulele · 12日 10月 2018
まず話を切り出す前に御礼を申し上げます。 本日東京からお越しのK様。今日はありがとうございました。お持ちの真っ白なコリングスウクレレに目の覚める思いが致しました。そのウクレレは一生物です。生涯大切に弾き続けて下さい。...

ukulele · 09日 10月 2018
初秋は午前中が一番過ごしやすい季節ですよね〜。爽やかだ。広角単焦点レンズを地面近いところから空に向けて撮ってみました。ソニーのα5100。そんなに高くないaps-c。カメラ初心者の私にはちょうどいいのです。
ukulele · 08日 10月 2018
めちゃくちゃ暑かった今年の夏。中年になってどんどん体力が落ちていくことへの焦燥感から毎朝家の近所を歩いてます。まだ始めて二ヶ月ほどです。いつまで続くやら。

ukulele · 08日 10月 2018
来月11月10日の土曜日と11日の日曜日に鳥羽かどやさんで個展をやります。私の暮らす美濃加茂市内のギター工房「leaf...
21日 9月 2018
セイレンの信治さんとまゆみさん、ウクレレショップオハナ代表の馬野さんと4人で奥飛騨にある平湯温泉でキャンプして参りました。僕の工房から平湯まで3時間半、セイレンのある松本からは2時間でちょうど良い場所です。標高が1300mあるので秋半ばのこの季節は夜に10度を下回ります。冬用のシュラフを持って行きました。いつか一緒にキャンプできたらいいですねと言っていたらこんなにも早く実現しちゃいました。願えば叶うこともあるもんですね。40歳にして初めて本物の松茸を頂きました。信治さんが持参してきてくれました。いや〜、豊潤。こんなのが山に生えてるわけですか。秘蔵ワイン、飛騨牛、松茸…。こんなに美味いものをキャンプでいっぺんに頂いたのは初めてでした。一回ぐらいはこんな経験もありかな(^^) 夜が深まるにつれてトークの中身も製作や理想のウクレレ談を中心に盛り上がりました。焚き火の暖かさにほんのりと火照って心地良い酔いに包まれた最高の夜でした。日付けがいつのまにか変わって深夜1時過ぎまでウクレレ談義に花を咲かせました。 翌朝は平湯神社となりの平湯民族博物館にある秘湯で朝風呂。湯上がり後にお茶。朝メシは焚き火しながらのホットサンド。 昼までまたまたウクレレ談義。正午に撤収完了してひらゆの森でひとっ風呂浴びて帰路につきました。今まで色んなキャンプして来ましたがこんなに中身の濃いキャンプは初めてでした。信治さん、まゆみさん、馬野さんに感謝であります!

ukulele · 24日 8月 2018
何かのきっかけでやってみようかなと思って初めて買った数千円のウクレレ。タブ譜をたどたどしく目で追いつつ初めて鳴らしたその音色はどんな安物であれほっこりとした安らぎと感動を覚えたかと思います。ある程度上達すると今度は三万円前後のきちんとしたウクレレにステップアップ。整然としたフレット周りや綺麗なコードの鳴り方にまた感動する体験が誰しもあったことでしょう。 そこからさらに期間を経て上達した先。どんなウクレレにステップアップするか。このあたりから人それぞれに大きな転機を迎えて行くことと思います。
ukulele · 28日 6月 2018
今年3月から当工房のウクレレを取り扱って下さっている大阪梅田の島村楽器梅田ロフト店ブログ。先日納品させて頂きましたStyle-4MCコンサートの詳細記事を書いて下さいましたので是非チェックしてみて下さい!春に納品したStyle-7MSLソプラノロングはお陰様で販売済みとなっております。デジマートからインターネット販売もしているので是非ご活用ください。...

ukulele · 16日 6月 2018
いつかは行ってみたい。ずっとそう思っていた所へ…ずっと前から直接その人の「仕事場」を覗かせて頂きたいと思っていた場所へ。思い切って行って参りました。
ukulele · 06日 6月 2018
ウクレレという楽器をもう一段高いクオリティに持って行きたい。それが最終目標になってきました。まだまだ全然見えて来ませんが…。何というか…そもそも自分の技量では出来ないけどもアームレストやサイドホールやべベルカッタウェイみたいな高い製作スキルを要求されることを楽器に注ぎ込んで行くのとは違うもの。もっと直感的な。一見オーソドックスなんだけど手にとって一つコードを鳴らした瞬間に魂を感じるような。ポロンと鳴らしたときに「何だこれ、今まで感じたことない感覚だぞ」っていうウクレレ。高飛車なものじゃなくて、とことん弾き手の感覚に近いウクレレ。何をどう変えて行けばいいのかまるでわからないけど、最近やたらとそこを意識するようになりました。皆様に確かにそうだねって感じて頂ける日を夢見てます。きっとそこが僕がウクレレを作る意味になるんだと思います。やっとまともなウクレレが作れるようになったばかりでほんとにまるっきり遠い目標ですが…。いつかは何でもこなせるセイレンの高橋信治さんみたいなスーパービルダーになれる日を目指して頑張って参ります。 ともあれいつも夢中になって仕事に打ち込める環境を整えて下さるオハナの馬野さんや名古屋ヤマハの伊藤さん、ポエポエの谷岡さんに深く深く感謝申し上げます。何よりこんな無謀な男を支えてくれる家族に全身全霊で感謝です。ほんとにありがとう。先月下旬から作り始めている3台の木工も大詰めです。梅雨の塗装は湿度が高くて厄介ですの本格的な梅雨に入るまでには塗装に入りたいと思います。ではでは失礼します(*´ω`*)

さらに表示する