artist

Apirak

 

 彼との出会いは初めて東京ハンドクラフトフェスに出展したときでした。

Ribbee Ukulele Company のアサダさんと来日していたアピラックは私のブースにやって来ました。

 

 そこから彼のコンサートモデルを開発することとなり、一緒に作り上げていったのがStyle-4 concertでした。彼とは今もメールで近況を報告しあったりしています。

 今や世界のトップとともにツアーを周り、数多くのセッションをこなしています。ジェイクとも共演するカレイ・ガミアオとも2カ月に渡ってアジアツアーを周っています。遠く岐阜県の小さな工房で私が製作したコンサートがカレイと供に世界を巡ることになるとは夢にも思いませんでした。とても幸せなことです。



●Apirakご本人によるインプレッション


I remember when i first saw Ancestor's Ukulele, I was walking straight right towards it because of its beautiful appearance. The first one that i picked up was soprano Low G but up until now I am still impressed by its sound. Afterwards i got a chance to know Hajime Sakai Ancestor's Ukulele Luthier. After we talked, we get impressed by each other. Hajime san made buil Apirak 's signature from Honduras mahogany in concert 12 fret joint Low G. The first time I opened the case, it is simple but beautiful as I wanted it, and fits in my style. Its sound was warm and echo as mahogany should be, every single note is distinct. I want just right tension and it responses my need very well. Nowadays this ukulele is my true buddy! Thank you.


●当工房にて