· 

マンゴークラシック完成

久しぶりのマンゴー

そうそう、マンゴーってこんな音だ。そんなクラシックコンサートに仕上がりました。ボディの奥から薫る甘いサウンド。マンゴーにしてはそれと意外なほど輪郭のはっきりした粒立ちの良い単音だと思います。これは多分、木工の段階で狙ってた通りの結果を得られました。ブレイスを硬めに設定。その反面でライニングの幅を従来よりも狭めて、尚且つサウンドホール直下のバーブレイスをライニングに噛ませないでフリーの状態にさせたんです。バーブレイスをリム(サイド板)に噛ませるか噛ませないか、噛ませるならどの程度噛ませるかで音像がガラリと変わるんです。マンゴーみたいに柔らかくてコシが少々ない材料を表板に使う時は木工段階で色々な仕掛けをして音像を想像しながら作ります。今回はうまく行ったようです。本機はハードケースが業者さんから届き次第、島村楽器梅田ロフトさんに送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日はお休みを頂いて近所の里山でウクレレ弾いてきました