· 

8/20(fri)

本来なら夏真っ盛りなはずの八月もここ最近ずっと列島にへばりついていた前線のせいで土砂降り続きの冷夏となってますね。予報ではやっと来週の真ん中辺りで晴れ間が見えそうです。雨続きで工房の湿度も半月近く70から80%台です。そのために全く塗装が進まない。困ったもんです。今月頭にサンジングシーラーに入っていたポエポエ三兄弟も、そこから塗装を全く進められず。ようやく来週には再開できそう。天候に大きく左右される仕事という意味においては農業と同じかも。お天道様に従って進めないと結局、長持ちする丈夫な塗膜は出来ないんです。雨に逆らって工房内を除湿機ガンガンに回しっ放しにすると除湿機の排出する熱で室温が上がります。それを抑えるために冷房を稼働させる。その上で無理矢理塗装を吹くにせよ、業務用有扇ファンを回せば一気に外気を取り込んで湿度は上がる。湿度が上がると塗膜がカブッて白濁してしまう。つまり、雨には逆らえません。ノンブラッシングという添加塗料を足してラッカーの硬化スピードを遅くさせて白濁を防ぐやり方もあるにはあるんですが、できればストレートなやり方で塗膜を仕上げたい。なのでお天道様を待つしかない、何とも時間のかかる塗装方法に徹してます。






塗装が進まないうちに次の三本の木工が終わってしまった。

塗装渋滞発生です。ではまた!