· 

6/7(mon)

おはようございます。

先週島村楽器梅田ロフト店様へ発送させて頂きましたこちらのクラシックコンサート、製作者本人としてもなかなかの出来栄えになっております。関西圏の個人ビルダーフェチの皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。12フレットジョイントのソプラノを弾きなれてる方でコンサートにサイズアップしたいとお考えでしたらうってつけの一本です。14フレットジョイントと比べて右手のポジションが若干ヘッド寄りになりやすいので、意識しなくても一番ふくよかな音が出てくる位置を弾くことになります。ソロ弾きではバッキングをその位置、ジョイントしている12フレット近辺で弾いてメロディを指板エンド寄りで弾いて音を立たせるといった弾き方が製作者としてはオススメです。オータサンやアピラックの弾き方を参考にしてみてくださいね。サッとコードを12フレットあたりで弾いた次の瞬間には指板エンド辺りを右手親指のオルタネイト奏法で素早く弾いてメロディを奏でています。とても一人で弾いている風には聞こえません。

いつかこんな風に弾けたら良いなと思いますが右手親指の関節どうなってるんでしょうか…と目を疑うような曲げ方。とてもトレーニングでどうこうのレベルではないような気がしちゃいます。さすがはカマカのお抱えプレイヤー。そんな凄い人が8年前にうちの工房でプライベートライブをしてくれたなんて今から思うと夢のようです。

 

 

 

さて、梅田ロフトのウクレレに話を戻しましょう。今回のオールホンジュラス・マホガニー単板クラシックコンサートは出荷時にハイG弦を張ってありますがロー弦でもよく鳴るはずです。ご興味ある方はぜひ島村楽器梅田ロフト店のウクレレ担当、田中さんに直接お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

島村楽器梅田ロフト店

大阪市北区茶屋町16−7 梅田ロフト8階

 

℡06-6292-7905

 

写真はウクレレ担当田中さんです