· 

6/5(sat)

おはようございます。

来月下旬に納品予定の名古屋ポエポエさん行きウクレレは製作四日目。器(サイドバック)まで出来上がりました。来週は表板製作になります。今年前半は遅れまくっていた個人オーダーの製作に没頭していたので販売店さんへの展開が後半に回ってしまいました。このあと6月下旬に鎌倉、7月下旬に名古屋、間に合えば8月下旬に梅田ロフト、9月末か10月頭に岸和田と納品が続きますので販売店の担当の皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。先月仕上げた岸和田行きのウクレレはまだ専用ハードケースが届かないので発送できてません。業者さん忙しいのかな…。届き次第、すぐに発送します。今月下旬の鎌倉組はようやく、来週から塗装終盤に入れそうです。ここまで目止めに三日間、ラッカーのウッドシーラーを5回、ラッカーのサンジングシーラーを11回、雨天で吹けない日が五日ほどという流れで五月からひたすら塗装工程を続けております。この後は仕上げのトップコートを5回ほど、乾燥に1週間ほど、そしてバフ磨きとまだまだ先は長いです。動画にするとどんどん形になっていく木工がメインに見えますが実際には圧倒的に塗装から先の工程の方が長く険しいんです。今月から製作し始めている名古屋組の木工と並行して進めて参ります。

 

 

追記

 

先日の次女の一件ですが…結局大きな病院の形成外科で鼻の下を二針縫いました。偉いなと思ったのは本人全く泣きもせず微動だにせず診察台で横になって施術終了までの間、じっとしていたことです。小1の女の子ってみんなこうなのか分かりませんが同じ頃の私なら確実に逃亡している光景でした。すごいな、女の子は。ほんとに俺の子なんだろうかと疑ってしまう忍耐力。嫁さんの性分に似たんだな、たぶん。傷は完全には消えないそうです。でも嫁さん曰く、やれるだけのことはやってあげたから仕方ないとのこと。あとは若い細胞パワーに奇跡を祈るばかりです。