· 

6/3(thu)

おはようございます。

 

 

昨日は我が家でちょっとした事件がおこりました。夕方5時過ぎごろ、お隣さん宅の庭で友達らと鬼ごっこで遊んでいた次女が転んで外水道の水受けに顔をぶつけて鼻の下を切ってしまいました。鼻の下から血をたらたらと垂らした次女を抱っこしながらお隣さんのお母さんが工房に連れてきてくれました。僕の山道具の応急セットで簡単な処置と止血だけしてすぐに近所の外科に連れていきました。また今日の午後に学校を早退させて昨日とは別の市内の病院に連れて行く予定です。女の子だけに顔に傷は残したくないという家内の思いがあって、もっとちゃんとした外科に見てもらいたいとのこと。確かに昨日は一刻も早く近くの病院に連れて行くことだけしか頭になかったので医者の腕の良し悪しなんてわからないし、とにかく近くの医院を探しました。生憎夕方の交通量の多い時間帯で焦りました。連れて行ったクリニックはすぐに見てくれて傷口をテープで止める処置をしてくれました。

 

 

41度の外気温に達した一昨年の真夏には二軒となりの小学生の子が熱中症で帰宅直後に倒れ、そのことを聞いたこれまたお隣のお母さんが工房に来て僕に知らせてくれました。駆けつけてみるとその子の両親は不在で玄関を開放した状態でランドセルごと倒れていました。その子の母親の携帯にショートメッセージだけ入れた後、OS-1を飲ませてすぐに近所の病院へ連れていったことがあります。その子はすぐに回復して元気になりました。工房にずっといると周りの子の緊急事態にたまに遭遇しますが、まさか自分の子が。綺麗に治ってほしいと願うしかありません。