· 

神奈川旅

早朝のウォーキングから帰って来て朝陽が昇ってきた東の空を振り返って見ると真っ青な鱗雲。今日はその東の空の方に向かいます。目的地は鎌倉と綾瀬。宿代を浮かせることもあって今日はテント泊予定です。朝の食卓では今日も元気な娘らのトークが弾けてました。「丸い椅子の角にお尻をぶつけた!」と禅問答のようなことを言ってる次女に行って来ますを言って出発しました。

 

 

 

 

 

 

出発から一時間半。新東名の浜松SAに到着しました。ここで一休み。秋の静岡、いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ浜松は大手楽器製造会社の町。だからか分かりませんがベンチの背凭れはピアノをモチーフしてるようです。面白いなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

国道を走ってると懐かしい光景に出会いました。稲村ヶ崎。思わず車を停めて浜辺に降りちゃいました。若い頃バイクでよく来たなーここ。懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の目的地に到着しました。鎌倉は七里ガ浜にあるウクレレショップ。クワイエットヴィレッジ。店主の堀口さんとは2011年2月に初めてお会いして以来です。覚えててくれてるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

お店に入ると壁一面にウクレレがかけられていました。入門機から有名な個人ビルダーのウクレレまでいっぱいあります。気になるウクレレを何本か触らせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この中で一番気になったのが右端にあるウクレレ。クラフトムジカさんのコア。

 

 

 

 

 

 

 

このルックス最高にいい。ロープバインディングもいいな。さっそく試奏依頼しました。

 

 

 

 

 

 

 

チューニングをする堀口さん。(この時点でまだ自分に気づいてません)

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきのコアも良かったけどこれも気になりました。弾き方を知らないので見るだけ。初めてクラフトムジカのウクレレをこんな間近で見て実際に弾いてみました。高山さんの作る楽器っていいな。雰囲気があったかくて。

 

 

 

 

 

 

 

クワイエットヴィレッジさんに並んでるウクレレを見渡して365ミリあたりのスケールにこだわってるなと感じたりしました。

 

 

 

 

 

 

 

製作家本人を目の前にすると何割か増しの補正がかかっちゃうような気がして…だから展示会とかじゃなくてショップの試奏の方がじっくり弾けていいと思うんですよ。製作家本人に会いに行くことが目的なら別ですけど。ショップのこだわってる部分が垣間見れて面白いってのもありますよね。作る側からすれば実際に行ってこの店はこういう雰囲気のこんな音が好きなんだなーっていうのは見ておいて損はないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは自分の製作コンセプトありき。その上で作る相手のコンセプトに合致する部分を見る。それでようやく評価される土台が出来上がって。あとはお互いの目指す高得点に近づける努力を繰り返して行く。たぶんウクレレ製作家ってこんな仕事だと思うんですよ。アマチュアのときはそこがイマイチ理解できてなかったな。自分が作りたいものしか考えてなかった。というかそれすら何だか分かってなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに気になるお店を見つけて実際に行った訳ですが良い勉強になりました。何年か展示会にも行ってなかったので有名ビルダーのウクレレを実際に触ることもできて良かったです。コーヒー&シナモンロールも美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー楽しかった。またどこかウクレレショップまわる旅をしよかな。クワイエットヴィレッジさんは鎌倉の海に似合ってる。来て良かった。あ、堀口さん私の事途中で思い出してくれました。「あ!坂井さんっ」て(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

江ノ島を横目に次の目的地に向かいます。綾瀬にある国産唯一のフレットメーカーへ。

 

 

 

 

 

 

三晃製作所に着きました。海外有名ギターメーカーのほとんどのフレットはここで作られてます。クラプトンのブラッキーもトリプルオーもフレットはたぶんここで作られたはず。そんな凄いところがよく私ごとき個人ビルダーを相手にしてくれたものです。こんなケースは稀だと思うし去年は振られたけど今年はやっと熱意が届いた…のかもしれないですね。今回はその御礼も兼ねてご挨拶と見学に来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら社長の斎藤さんです。実際に会ってお話しして感じたんですけど…何となく先代のKヤイリ社長に雰囲気が似てる。社長なんだけど現場の職人気質を持ってる。掲げられた社訓も印象的でした。

 

「本気になれば仕事が楽しくなる」
「本気でやればきっと誰かが助けてくれる」

確かにずっと懸案だった理想のフレットをお願いして助けて頂きに来てるんでその通りだと思います。私の思い描くフレットはここにきっとある。その工場の中も見せてもらいました。現場は当然撮影禁止ですんで一枚も撮ってませんがフレットが出来上がって行く工程を一から見て来ました。最初は丸い断面のワイヤーなんです。それが段々とクラウンやタングの形になって行きます。私のフレット30キロは12月半ばに届く予定です。めっちゃ待ち遠しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フレット工場を後にして夜8時にキャンプ場到着。今夜は道志みちの一番奥、山中湖に近いキャンプ場でテントを張って寝ます。一泊三千円未満で泊まれちゃいます。安い!やっぱり旅の宿はキャンプ場に限ります。キャンプの様子はこちらのページにまとめましたのでよかったら見てやってくださいませ。

  

行きたかった鎌倉のクワイエットヴィレッジさんにずっと懸案事項だったフレットの打ち合わせ、そして黄葉キャンプ。往復800キロの旅。無事に終わりました。次は鳥羽ですね。11月10日と11日は午前11時から鳥羽のかどやさんでひっそりとウクレレ展示してます。良かったらお越しください。10日は多気町の須原親水広場キャンプ場に泊まります。こちら通年無料です。キャンプ好きな方はご一緒にどうぞ。