· 

new ukulele!

ここ数か月の間はずっと個人オーダー製作ばかりこなしていたので実に半年ぶりのショップ納品となります。行き先は一番お世話になっている岸和田のウクレレショップオハナさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この表板。何が使われているかお分かりになりますでしょうか。実にドラマに満ちた木材です。ハワイ育ちの日本の杉。1世紀以上前にハワイに渡った移民があちらに植えた日本杉の苗木はハワイのオフショアの風に揺られてこんな見事な杢を生み出しました。おそらくこの材でのウクレレはめったにないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

裏板、そして側板は杢の入ったマートルウッドとてもやわらかくて優しいサウンドに仕上がりました。テンションが緩めなので弾きやすいと思います。またどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Adachi (日曜日, 26 11月 2017 03:25)

    はじめまして。
    先日、ウクレレショップ オハナさんでこちらを購入させていただきました。
    この日10本近くを試奏させて頂いたのですが、音、デザイン、ハワイアンシダーのお話、全てが気に入って、このウクレレに決めました。
    優しい音ながら、輪郭がはっきりし抜けも良く、弾き方の違いで出せる音の幅が、他に試奏した物と比べて広いと感じました。
    合わせて、鳥羽のかどやさんでご一緒されていました藤田さんのn.likoのストラップも購入させていただきました。

    いつかこのウクレレの生まれた工房を見学させていただきたいなぁと思っています。

  • #2

    製作者坂井 (日曜日, 26 11月 2017 20:56)

    Adachiさん、この度は本当にありがとうございました!こう言ったコメントが入るとほんとに嬉しいです。ほんとに。あぁでもないこぅでもないと実に一人で苦悩しながら木材とにらめっこしてデザインを決めて行き、中身をどうやって組み上げて行くかをじっくり予想して作った一本です。結果として納得行くテンションバランスに仕上げることが出来たと思います。最後のセッティングでそこに行き着いたんですが、緩すぎてもキツすぎても弾き心地と弾き分け幅にとっては良くない訳で…。そこを見抜くためにはやっぱり製作者自身が散々弾いてないと、体感してないと分からない感覚だと思います。そのあたりの部分を感じ取って共感して下さる方ならきっと手にとってくれると信じていました。本当に感謝です。ありがとうございました!