ソロキャンプとウクレレ

海のある房総半島育ちの自分

 

でも工房を建てたのは山や渓流がメインの海なし岐阜県。

 

 

そんな海なしの岐阜や長野が好きです。


千葉で見たことなかった白樺や

工房から毎日見える御嶽山


透き通った源流の流れ


でも海っ側の食べ物の旨さはたまらんですよね。



去年の真冬に雪の降る富山のキャンプ場で頂いた鰤や蛍烏賊は最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森や湖、渓流での夜の静けさや

 

そこで迎える朝の清々しさを大人になって初めて知って

 

ソロキャンプが好きになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森の中で読むウクレレマガジンも格別です...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人で焚き火をしながらただぼーっとする

 

そんな時間も大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイフでフェザースティックを作ったりするのも楽しい。

 

あ、フェザースティックというのはですね..

 

火起こしするときに着火しやすいように先端を写真みたいに加工した焚きつけの木のことです。

 

 

ここにマッチや火打ち棒なんかを使って火をおこします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕と同世代の方だったらぜひ一度はソロキャンプに行ってみて下さい。

 

きっと日ごろの鬱憤なんか一晩で素っ飛びます。

 

 

東京あたりの方は近県だと道志村や富士五湖周辺の西湖や埼玉県嵐山町の月川荘あたりが

 

ソロにいいのではないでしょうか。

 

 

群馬の「くりの木キャンプ場」もソロ向きのサイトがあります。

 

 

 

関東にも魅力ある自然がたくさんでいつか行ってみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソロキャンプで奏でるソロウクレレ

 

 

自然の中で弾くウクレレサウンドは癒し効果抜群です。

 

ライブハウスで弾くのとはまた違った楽しさがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最小限の愛用キャンプ道具、テントや椅子、テーブル、焚き火台、はんごう、

 

寝袋を車に乗せてちょこっとだけ旅に出かけてみませんか。

 

 

もちろんウクレレも持っていきましょう!