Something

洋楽の中で一番好きな曲、Something 。やっぱりジョージ・ハリスンはカッコイイ。ライブ動画を見、頭の一発目のギターの音だけで曲の世界に持って行かれます。この一曲がどれだけの世界中のミュージシャンに影響を与えたか計り知れません…。

 

 

The Yellow Monkeyの「Jam」やスガシカオの「ぼくたちの日々」を聴いた時には直感的にジョージの影響を予感したりしました。この曲をたくさんのギタリストやウクレレ弾きがカバーしていますね。曲の頭から最後まで完全にコピーしたカバーやオリジナリティーを加味しながらのカバーなど名演ばかり。カバーでは超絶ギタリスト、ラリー・コリエルのSomething を一番良く聴きます。私も素人ながら(個人的に楽しむために)カバーしてみたいとずっと思っていました。私的な想いとしてはやっぱりプレイヤーごとの個性を生かしてのカバーが一番好きです。ビートルズのTickets to rideのCarpentersのカバーがやはりそうであるようにそのアーティストらしさを感じるカバーが聴いていて楽しいです。ということで忠実にこの曲を再現するのではなく私らしく弾きたいように弾いてみました。…素人らしく自由に!

Something