マホガニーウクレレ

 

   私が最も愛する木材、マホガニー。素朴であってゴージャス。マイルドであって時にダーク。人懐こくて時に孤独な音。夢の中にいるような響き。そんなに人生悪いもんじゃないよと囁くような優しい旋律。「そんなに焦ることないよ、明日やればいいじゃん…。とりあえず今夜は少し弾いて寝なよ」的な柔軟な存在。

    何だか曲解かも知れませんが私にとってはそんな相棒のような音がマホガニーのウクレレが持つ温もりのように思います。これが側にある毎日は何だか楽しいものです。ギターほど構えて付き合う必要がないのも魅力だと思います。「よし、弾くぞ」じゃなくて、「あ、弾こ。」な楽な存在。生活の一部。そんなマホガニーウクレレを作り続けています。

マホガニー。実はものすごく個体差が激しい。基本的にホンジュラスマホガニーしか使いません。年代やホンジュラスのどこなのかにもよるんだと思いますが色味や硬さが全く違います。単に古ければいいわけでもないようです。最近はマホガニーのフリッチ材(長い角材)を買い付けるときに表面を見て筋の入り方や逆目を見て自分好みのものを見出せるようになって来ました。さらに会得した技術としてオールマホガニーボディを作るにしてもトップとサイドバックで違う年代のマホガニーを組み合わせたりしています。年代の違いによる硬さを利用して適所に使うと良い結果が得やすいことに気がついて始めたやり方です。ローレンジをふくよかにしたいならばより柔らかい個体をサイドバックに使います。

 

 

 

   

タイトな音にしたいならばより古い材か杢の入ったものを使います。その両方を合わせることもありました。マホガニー一つでも色んなサウンドメイクがあることに気がついたのはとても有意義な発見でした。得意な材と言うからにはそれなりに手数を持ちたいな…と常々考えて来ましたがここ1年くらいで徐々に知識も身に付いて来たように思います。写真は東京から頂いたスタイル6Mのホンジュラスマホガニーです。やはりこれもトップバックで硬さを変えています。ウクレレ作りの一番爽快なことはその小ささゆえに一つの工夫が何倍もの違いをもたらすことにあります。だからどんどんと試したくなる。失敗を恐れない…とは少しニュアンスが違いますが自分がとことん納得したものだけを世に贈りたい一念がいつも製作の根底にあります。

●今まで製作してきたマホガニーウクレレの中でも印象深いものを並べてみました

 

 

        Style-4M Apirak signature model
北米五大湖に注ぐ河川は古くは木材の運搬に利用されていました。何らかの事由により運搬船から落下して川底に沈んでいた木材をシンカー材と呼びます。このモデルに使ったマホガニーはそのシンカーマホガニー。硬質で立ち上がりの速い音ながらスタイル4コンサートが持つ厚みのある音響特性と相まって唯一無二のソロウクレレに。
             
                         Style-7M the hibiscus special 

南国モチーフを飾り付けたスタイル7。普通ならハワイアンコアを使いたくなるモチーフでしたがオーナーさんの希望によりマホガニーを使用。モチーフの柔らかい印象に合わせて中庸材をボディに使いました。ハワイアンコアとは一味違った暖かく凜としたサウンド。

 

 

 

 

 

 

                            Style-6M concert 

ボディ全てに新材マホガニーを使用。同じ381ミリスケールでブリッジ位置がスタイル4に比べて中央に来るスタイル6の音響特性はより平均的にバランス良く鳴ること。ソロから弾き語りまで広く使えるモデル。

                              

                               

 

                               Style-4M concert custom

フィギャード杢のマホガニーを使用してとことんキレのある音を追求した一本。それまで製作してきたスタイル4と異なるスタンス。杢材の硬質な立ち上がりはマホガニーでありながら煌びやかな旋律を紡ぎます。

 

 

                           Style-7M soprano-long

完成時、こんな小さな楽器がどうしてここまで弾き手を満足させてくれるのかを心底考えさせられた一本。今でも成功要因を分析しています。ビンテージ材と新材のハイブリッド工法を見出すきっかけとなった衝撃をくれました。

 

 

                      Style-7M premium "Raijin"

意外ですが、これもマホガニー。虎杢材。
完全に硬質サウンド。ここまでくると一般的なマホガニーサウンドの連想からは掛け離れたものかも知れません。ローズウッドとマートルウッドの中間に近い印象です。雷様の音がマイルドすぎるわけには行かないので…^^;

 

 

      Style-4M soprano 

昨年末に納めたマホガニーソプラノ。ディットソンスタイルとゴールドラベルを意識して作り上げたボディラインに古風な風貌。マホガニーソプラノ好きにはかなり唆るソプラノではないでしょうか。こんなソプラノはどこにもない。個人ビルダーだから作れるウクレレだと思います。

     

 

          Style-9M tenor

ギターチューニングを切り開いた記念すべき一本。海外ではテナーを低い音程で調弦することは一般的ですが、そう言った意味合いよりもこのボディが持つ音響特性に実はEBGD音程がベストな調弦だったことを実証してもらったことの意義の方が私にとって大きかった。3、4弦を巻き弦にしたことで共振となり、どんなポジションでもサスティンの効いた重厚サウンドに。虎杢マホガニーの硬質な立ち上がりと胴深いボディの相性が良い結果をもたらした一本でした。

 

 

 

 

      Style-6M concert custom

現在ウクレレショップオハナさんで販売中の一本。中庸材をサイドバックに、古材をトップに使ったハイブリッドボディ。バランス重視のスタイル6でもこの一本はどちらかと言えばソロよりのコンサート。

 

 

マホガニーウクレレ。

 

プレイスタイルによっても弾き手の癖によっても色んな相性があると考えます。逆に言えばウクレレごとの鳴り方の個性に弾き方を合わせることを考えて行けばもっと魅力ある演奏ができるとも捉えられます。人間と同じように、いつも良い反応をするとも限りません。なんか今日はイマイチなときもあればいつもよりご機嫌なときもある。ウクレレの調子もあり弾き手の調子もある。マホガニーウクレレは長い付き合いを続けて行くにはもってこいな存在だと私は思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    高村 幸彦 (月曜日, 19 9月 2016 06:53)

    可児市の高村です。ウクレレ初心者です個人レッスンお願い出来ますか 料金が知りたいです 希望日は毎週土曜日か曜日です 08015736645

  • #2

    Ancestor's Ukulele 坂井 (月曜日, 19 9月 2016 07:18)

    一回2000円(だいたい1時間ほど)でゆるいレッスンとも言えないような個人レッスンは行っております。内容はいつも決まっていません。皆さん弾きたい曲の譜面をお持ちになり、それを適当に弾いています。土曜日の午後2時ごろでしたら空いております。