ローポジション

ソロ演奏にせよ弾き語りにせよローポジションでの演奏性能はウクレレの性能上の肝です。小刀の刃先で指し示したこのポジション、つまりナットよりも上のネック面で少しでも違和感があれば何を弾いてもストレスとなります。ここは左手親指が支点となって運指の要となる重要なポジションです。ネックを真横から見た際にヘッドに向かってカーブし始める箇所がどこからになるのかということですが難しいのは立体的に親指が置かれる位置をイメージしながら収まりが良いような形状にして行くことにあります。ヘッドがやや長めでありペグも横出しのものを使わないのは全てこの左手の動きを妨げないためです。ヘッドが短い横出しペグは必ず左手が干渉します。拘りの仕様。随所にありきです。