確認の繰り返し

楽器製作はことに確認作業の連続です。写真はジョイント前のネックとボディの水平を確認するため、ストレートガイドという最も信頼できる「直線」の定規を使ってフラットチェックを行っているところです。難しいのは経験則とどう折り合いを付けるのかということで、ジョイント後の工程によって生じるネックの動きを加味しなくてはいけません。この後にはカーボンロッドという背骨のような補強棒をネックに仕込みます。さらに指板を貼り合わせる際には多量のタイトボンドが塗り込まれます。通常、ボンドの水分によってネックはやや順反り方向に動きます。つまりジョイント時には完全にフラットよりほんの僅かに逆反らせておくと後々丁度良い結果が得られます。但し、ネック材の目の方向によっては結果が変わりますので注意が必要です。製材するときによく材の目のクセを見ておけばその後のセットアップに良い結果をもたらします。