試奏機会

今年の最大の課題がこれです。私の製作したウクレレをより多くの方に店頭で試奏して頂くこと。いくらホームページ上に写真や文章を並べたところで実際に五感を働かせて弾くリアルな手ごたえを感じることは出来ませんし、私のようなマイナービルダーはまだまだ実際のものがどれほどのウクレレか想像の域にしかありません。しかし手に取って頂ければ少なからずうちのウクレレが持っている魅力を感じてもらえるものと信じています。試奏機会を店頭展開に限らず色々な方法を考えています。少しずつ着実に製作を進めて一本でも多く興味関心を持ってくださる方に試奏できる環境を作っていこうと思います。