久しぶりの4Mソプラノ

やはりこのソプラノは弾いていてとても楽しい。そう思います。ウクレレってのは面白いもんです。テナーのような堅牢なサイズもあればこんなに小さなソプラノまで幅が広い。それでいてどのサイズもそれぞれ魅力がある。このマホガニーソプラノはサイズを超えたラウド感が弾き手を魅了すると思います。何だろう。ジオラマの箱庭を作ってその世界に没頭してしまうような感覚に似ているのかもしれません。弾いているうちにどんどんそのミニチュアワールドに入り込んで行くような。普段コンサートを弾いている人でも10分も弾いていれば不思議とすんなりソプラノの世界に魅了されてしまうのは箱庭効果なのかも^_^