Herringbone Tenor

高級材になればなるほどデザインはシンプルな方が際立つ、近頃はそんな考え方になって来ました。一概に言えませんがモノトーンは一つの美の最終形のようにも思います。このテナーのヘリンボーンはロゼッタと、ボディ外周のパフリングでパターンを入れ替えてアクセントを付けています。白いヘリンボーンと黒いヘリンボーン。それ以外は何も飾らない。きっと飽きることのないデザインの一本になったことと思います。シンプルなモノトーンのボディ、音色は年月とともに深まることでしょうね^_^