盛夏

これを真夏と呼ばずして何と呼ぶ。現在の工房、35度です。暑。しかし汗をかきながらもネックをえっちらおっちらと削る自分も嫌いではなかったりします^^;
ウクレレ作りは奥が深い。究極のアコースティック楽器だと思います。キャンプにも合う。カフェにも合う。クラシックギターにも似た柔らかな響き。時にアコースティックギターよりも深く切ない音。そして何より小さい。不思議な楽器、ウクレレ。一度はまると帰ってこれないほどの楽しさ。ギターよりもはるかに小さいことが、むしろ右手のダイナミズムを如実に反応させるのかも知れません…。甘く深く切なく、キレのあるカッティングやミュート奏法から繰り出すローGのベースライン。どこまでも美しい高音。ウクレレ。私の人生そのものです。