ライブ環境とリバーヴ設定

演奏を行う場所の音の響き方によってアンプやプリアンプのイコライジングを微調整する必要がありますが中でも空間系エフェクトは(特に初めての会場では)必ずリハーサルで調整しておく必要があります。音が回り易い会場ではリバーヴ設定を低くし、畳の部屋や野外ではそれと反対のことが言えます。音の輪郭はイコライジングで調整し、それに「味付け」程度でリヴァーヴをかけます。この最後の味付けが料理で言うところの塩加減みたいなもので料理全体が美味しいかどうかにまで大きく影響するのでリハーサルは大切ですね(^-^)