探求

2014年はウクレレマガジン「にっぽんのウクレレ工房」に掲載されたことを始めとしてAncestor's Ukuleleの存在を広く知って頂く一年となりました。今年は自分自身の製作家としての個性をさらに深めていく一年にしたいと思って活動しています。製作家ごとに色んなカラーがありますが自分は世界一実践を尊重するビルダーを目指しています。ウクレレを作ることが好きだからビルダーをやっているわけではなくウクレレという楽器がとことん好きだからウクレレビルダーをやっています。製作のための製作ではなく「演奏のための製作」。そのためのライブ。実践力のあるウクレレを作っていきたい。それが私の製作家としての個性です。
これまで何度も書いてきましたがテナーの開発にはものすごく時間をかけて来ました。試作機は内部も含めて手直しを繰り返しライブでの実践を続けています。一括りにウクレレと言ってもソプラノ、コンサート、テナーはそれぞれ独立した楽器だということを理解しないといけないことに気づいたのが昨年。むしろウクレレなんて名前は捨ててソプラノ、コンサート、テナー別々に新しい楽器名を付けて誤解を防ぐべきだとも思います。中でもテナーはウクレレではない、ギターでもない、かと言ってその中間にあるものでもない全く新しい楽器であるように感じます。スタイル9テナーはクラシックギターのような暖かく伸びやかな音色を持ちながらも優しさに満ち溢れ、聴く人の心に寄り添う音楽を奏でます。
アマチュア時代はソプラノ、コンサート、テナーというのはただ単にウクレレの大きさの違いに過ぎないとしか認識していませんでした。それでは決して良い楽器は作れないと今は考えます。スタイル9は半年に及ぶ試行錯誤から目覚め、春からついに待ちに待たせたテナーのオーダー主様達の製作を開始しました。…まだ試作機の段階でどんなものになるのかも分からないにも関わらずテナーをオーダーして頂いたことに恐縮いたしました。秋にはアピラック以来二人目のアーティストモデル、Hookさんのスタイル9Kのお引き渡しもあります。いよいよスタイル9が世界に向けて羽ばたき始めました。

コメントをお書きください

コメント: 13
  • #1

    高田耕治 (火曜日, 28 7月 2015 06:35)

    Style9をこの6月に作っていただきました。(この写真の楽器ですね)好調です。1ヶ月毎日弾いて高音の伸びが大変良くなりました。また今まで他のウクレレでは気にしていなかったLow-Gの音質も、この楽器では、出すぎず、こもらず、適度な音量で気持よく鳴ってくれます。ジャカソロはHigh-Gが気持ち良いとよく言われますが、違った意味の気持ちよさがあります。素晴らしい楽器です。ありがとうございました。

  • #2

    坂井 (火曜日, 28 7月 2015 06:43)

    高田さん、この度は本当にありがとうございました。私の製作技術の成長に大きな一歩を踏み出させてくれた一台がこのテナーです。10月の工房ライブを楽しみにしております。あと、高田さんのホームページも早く見てみたいです^o^

  • #3

    Mitsue Gagne (木曜日, 02 2月 2017 13:21)


    Hmm it seems like your blog ate my first comment (it was super long) so I guess I'll just sum it up what I had written and say, I'm thoroughly enjoying your blog. I too am an aspiring blog writer but I'm still new to everything. Do you have any tips for newbie blog writers? I'd certainly appreciate it.

  • #4

    Treena Barrio (金曜日, 03 2月 2017 23:44)


    I am really inspired together with your writing skills and also with the format to your weblog. Is this a paid subject or did you customize it your self? Anyway stay up the nice quality writing, it is rare to see a nice blog like this one today..

  • #5

    Yvette Fredenburg (日曜日, 05 2月 2017 07:16)


    Wonderful goods from you, man. I have understand your stuff previous to and you are just extremely fantastic. I really like what you've acquired here, really like what you are stating and the way in which you say it. You make it enjoyable and you still care for to keep it wise. I can not wait to read far more from you. This is actually a tremendous website.

  • #6

    Loyd Timm (月曜日, 06 2月 2017 07:32)


    Ahaa, its good conversation concerning this article at this place at this blog, I have read all that, so now me also commenting at this place.

  • #7

    Gilberto Neiss (火曜日, 07 2月 2017 08:02)


    Wow, this paragraph is pleasant, my sister is analyzing these things, so I am going to let know her.

  • #8

    Erminia Correia (火曜日, 07 2月 2017 08:14)


    I don't even know how I finished up right here, however I thought this post was great. I do not know who you're however certainly you are going to a well-known blogger for those who aren't already. Cheers!

  • #9

    Kelle Kellems (火曜日, 07 2月 2017 22:25)


    Appreciate this post. Will try it out.

  • #10

    Dia Claro (木曜日, 09 2月 2017 05:14)


    I'd like to thank you for the efforts you've put in writing this site. I am hoping to check out the same high-grade content from you in the future as well. In truth, your creative writing abilities has motivated me to get my very own site now ;)

  • #11

    Sophie Mccleskey (木曜日, 09 2月 2017 06:36)


    I was suggested this website by my cousin. I am not sure whether this post is written by him as no one else know such detailed about my difficulty. You're amazing! Thanks!

  • #12

    Linnea Udell (木曜日, 09 2月 2017 22:30)


    Hey very interesting blog!

  • #13

    Loma Shumway (金曜日, 10 2月 2017 08:04)


    Thank you for the auspicious writeup. It in truth was once a entertainment account it. Look advanced to far added agreeable from you! By the way, how can we be in contact?