合格ライン

初めて弦を張ってみた際にボディキャパシティー相応の鳴り方をしているかどうかを注視します。それが相応であれば合格。いきなり仮張り一発目から合格することはまずありません。各弦ごとのレベルを最大限に上げていくための調整を施していきます。たぶんこの作業が製作家の色が最も反映される部分だと思います。ウクレレは形になってからの調整が勝負のしどころです。弦をはじいたときに芯のある明瞭な音がサウンドホールから出てくるまで試行錯誤します。その上でプレイアビリティーも向上させていくための処置も施して行きます。実際にたくさんのウクレレを弾いて来た中で、戸田さんはこの調整及び仕上げの技術が飛び抜けて優れた製作家だと思います。木工技術の高さもさることながら仕上げの技術力がピカイチ。フェスで弾く度にそう思います。