チョーキング

エレクトリックギターでは日常茶飯事のテクニック、チョーキング。ウクレレでも昔から一部では使われきた奏法ではありました。ウクレレチョーキング人口が一気に増えたのは言うまでもなくジェイクの登場以降です。フレーズにブルージーな味わいを付けるためにチョーキングが有効なときがあります。留意しておかなければならないのが「ウクレレにとってチョーキングはまれにブリッジ剥がれの原因となる奏法でもある」ということです。なぜか。チョーキングは引っ張られている弦をさらに引っ張るからです。ソリッドボディのエレクトリックギターならば木の塊にブリッジユニットがネジ止めされているのでまずそんな危険はありませんが箱物のアコースティック楽器のギターやウクレレのブリッジは一部のネジ止めされているものを除いて大半はタイトボンドで接着されるだけです。ブリッジへの過度な負担は避けたいもの。半音程度か行っても一音までのチョーキングを正しい力加減で行うならば平気だと思います。作り手の意見とすれざ一音半以上グィィィィットと持ちあげたりするのは少々危険を伴います。太い弦を張っていれば尚のことテンションが上がります。楽譜に記されている音程通りを正確にチョーキングすることが安全です。感情任せのチョーキングはブリッジへの負担過多となります。ただ先に書いたように危険性の度合いについては「まれに」剥がれる起因となる程度ですのでよほど異常なチョーキングの多用がなければ大丈夫だと思います。そのようなことがあるんだという程度の認識を持って頂ければ幸いです。