Thailandのギターマガジン発売

先月にCafe timeでアップしましたがタイのギターマガジンにアピラックとうちの工房特集が組まれました。先日にリッビーウクレレカンパニー社長のアサダさんがいよいよ発売された旨をメールで知らせてくれました。そのメールの中でなにやら「編集部のやつ、オレがhajimeの写真いっぱい送ったのに一枚も使わなかったぜ」的なことも教えてくれました…。いや、別に私の出る幕ではなくこれはアピラックを前面に行って然るべきでしょうと思いながら掲載の御礼のメールを返しました。アピラックは徐々にアジアで知名度を上げていますが、彼のプレイスタイルは派手さや華やかさはない代わりにゆったり寛ぎの時間を過ごすにはぴったりなウクレレです。とはいえ、ゆったり聴こえる曲も含めアップテンポの曲も全て親指一本で弾いているわけですから凄まじい腕です。きっと長く愛されて行くアーティストだと思います。タイで日本人ウクレレ工房の見開き特集が組まれるのはまだそんなに無いと思います。シンガポールに世界の珍しいウクレレを特集したWebマガジンがあるのは知っていますがまだ知らない新しい動きがあちらでは色々とあるようです。東南アジアは800万人都市バンコクを中心に一昔前のフォークブームだった日本を彷彿させるくらいの楽器ブーム。高価な日本人ビルダーのウクレレも富裕層によく売れるそうです。私はタイには3本しか卸していませんが何だか楽器を大切にしてくれる風土に感じているので嬉しいです。