マホガニー選別眼

写真の木材、三つともマホガニーです。しかも名目はホンジュラス産。で、これだけ色味も木理も違います。出来上がる音も当然違ってきます。このブログは同業の方が多数読んで下さっているのでどれがどう良いのかの私的な考えの明言は避けますが、マホガニーほど慎重に買い付けてこなければならない材はないものと考えています。同じホンジュラスでも北から南まであり、ロットによる差異はとても大きい。まるでイコライザーのような作業は材の選別時に大部分が決定されてしまうため狙う音がタイトかブーミーかで選ぶものを決める必要があります。色々な材で今迄ウクレレを製作してきましたが私はマホガニーを最も得意としています。オータサンを敬愛するからゆえにマホガニーを研究し続けていますが、もっともっとマホガニーウクレレは進化して行きそうです。