感謝

思い返せば2013年1月に工房を開設して以来、本当にたくさんの人がこの小さなアトリエに足を運んで下さっています。東京からはリットーミュージック社ウクレレマガジン編集長の相川さんや人気アーティストDAISY⭐️どぶゆきさん、そして昨年の工房ライブでのゲスト出演を快諾して下さった海田先生も見えました。大阪からはJAZZの本場、米国で鍛え上げられたウクレレソリストのhookさんも昨年見えました。海外からはタイからリッビーウクレレのアサダさんと親友アピラックが彼のために製作したStyle-4の引き渡しのためにやって来ました。自分自身、たった2年ちょっとの間にこれだけのことがあったとは到底信じられません。でも、事実です。相川さんも、どぶさんも、海田先生も、hookさんも、AsadaさんもApirakも、それぞれやたらと濃い思い出ばかりが頭に浮かびます。濃くしているのは私のせいであることは間違いありませんが今でも親交がひたひたと続いています。感謝としか言いようがありません。これから先、どんな展開が待っているのか未知ですが自分の道を歩いて行こうと思います。