ライブ音量での練習

普段生音で練習することはとても大切です。それと同時にライブ環境での自分の音の出方を客観的に聴く回数を増やすことも大切だと私は考えています。スピーカーもしくはステージアンプを音の飛びの良い高い位置にセッティングしてライブ音量で演奏すると生音では全く気にならなかった部分に気付きます。例えば右手のアタックの強さやダイナミクスの付け方など生音においてはとても些細な力加減がアンプ音では大きな差となって出て来ます。アンプの高さというのも不思議なもので同じ音量でも置かれる高さや向きによって聴こえる音が違います。部屋や会場に見合った音量やアンプの高さを考えてみるのも一興。私の少ない経験の中の話ではありますがライブならアンプは高く聴こえやすくしてカフェなら床置きでBGM的に聴こえるように心掛けています。色々と模索してみると奥が深いものです。