Style-9S tenor 製作

こちらはオーダーのテナー、Style-9S 。
春材から秋材に移行する間の最も収縮率の安定した月齢に伐採されるヨーロピアンスプルース、通称ムーンスプルースを表板に用いたテナーです。スイスから日本に入るこの材は数に限りがあるのである意味貴重な欧州材と言えます。試作機からの反省点を見直したブレイスパターン。トップ(膜)にある程度剛性を持たせてサイドバック(器)を軽くしてハイフレット周辺での鳴りを豊かにします。この先の工程にも随所に試作機をライブで使い倒して知り得た見直し点を応用して行きます。