調整の方法

最近ではムックで趣味のウクレレ製作本などが出版されるほどのアマチュアウクレレ製作ブームです。とても良いことです。製作の最終段階でどれだけ調整が上手く行くかで弾き味も大きく変わるわけですが、その調整のヒントになればと思います。フレットのレベリング処理を経ても尚ビビるときは闇雲に再び擦り合わせを行うのではなくサドルを変えてみると良いです。私の場合、写真のように幾つかのパターンの調整用サドルを使っています。ある程度擦り合わせた後に残るビビリはサドルの高さを上下させることで解消する場合がかなりあります。ビビるからといって単純に弦高を上げてはいけません。ビビる原因は弦の振れ幅にあります。サドルにかかっているテンションを少し弱めることでビビリが解消する場合があります。
私のやり方ですがサドルは1弦だけ少々、他の弦よりも低くします。これは1弦のA音の調弦がもともとテンションが強く、ローポジションでのサスティンがないウクレレの宿命を回避する目的があります。テンションが高ければ鳴りが強くなるということはありません。適度な張り具合を超えると音は窄みます。理想は1弦が他よりも低く、3弦が最も高いサドルです。弦高は低過ぎると奏法に限りが生じます。また、高すぎれば運指に良くない影響を及ぼします。2.7ミリ(12フレット)くらいにしておいて後々に下げる段取りが妥当かと私は思います。