客人との珈琲タイムは楽しい

毎週のように誰かしらがやってきます。とても光栄なことです。オーダーに関係なく単に合奏したいとかウクレレが聴いてみたいとか色々な目的でやってきます。そのうちの何件かが直接オーダーに結ぶこともあります。工房を開設して3年でここまでいろんなお客さんが来てくれるとは思っていませんでした。みえたお客さんには豆から淹れた珈琲をお出しして談笑したりしています。