ウクレレの楽しみ

ウクレレを弾く時間。この時間はどんなことよりも楽しい。そんな一人です。うちのホームページにやってくる人は「ウクレレ」「上達」「どうすれば上手くなるか」など奏法や練習方法についのキーワードで検索して来られる場合がとても多いです。私は毎週ウクレレの先生もやっております。普通ならレベルに応じた教則本を用意して、それに沿って段階的に進めるのがレッスンですが当方はそんな学校みたいなやり方はしていません。毎週毎週、生徒さんがやりたいことを持って工房に来ます。それは気に入った曲の譜面だったり弾き方について勉強したいとか時にはウクレレ談義だけが目的だったりします。もっと面白いのは私の演奏を目の前で聴きたいだけとかもありました。
それで良いと思います。義務教育じゃないんだから。レッスンで私が大切にしていることは生徒さんがやってみたいことに寄り添うことです。つまりウクレレに対するモチベーションを維持向上していくことが目的です。上達のコツなんてものはないと思います。自分から学びたいと思っている人は独学で十分に邁進していくものですし、むしろその方が早く上達すると思います。やりたいからやる。好きだからやる。毎日弾く。そのために自分が一番納得の行くウクレレを手に入れること。それこそ本当は上達への最も近い道でもあります。高額でもそれだけの対価を払う覚悟がある人の方が上達するからです。言われてみればそんなこと当たり前だと思える一般論をキチンと実行することの難しさと大切さ。
楽器製作を生業とするようになりセオリーをとても意識するようになりました。アマチュアのころは何か普通と違う独創性を探していることの方が多かった気がします。セオリー。つまり物事の王道というのはそれ自体が先人たちが長い年月をかけて形作ってきた正解の道。それを体得していくことが修業そのもの。たとえ王道の通りに製作したとしても個々の性格の違いは現出しますので、それが他には無い音(独創的なもの)であると考えるようになりました。王道という分厚いお手本からどれだけの技を咀嚼できるかが個性の源だと思います。
   話が逸れました。すみません。
さて、演奏技術の差は人それぞれあるとしても演奏の良し悪しは別の話だと考えております。上手い人は天井知らずに五万といます。だからといってその五万といる上級者が皆、聴いていて感動できるわけではないのも事実。反対に初心者でも心奮える演奏もある。初めてのライブで間違えだらけでも聴衆に謝りながら一生懸命に弾く人の一つ一つのまばらな音に私はいつも感動を覚えます。これは弾く側がはじめから聴衆を最大限に意識し、聴く側も真摯に聴くからだと思います。これが例えばどう弾くのが聴く側にとって楽しいかを全く考えずに弾く上級者のライブだったらどうでしょうか。ある程度面識のある仲間の中でのライブではなく行った先の会場の誰一人知らない環境下ならば音だけがプロフィールです。
そういったことも含めて色々と失敗例を積み重ねながら上達して行くんでしょうね。あるプロが良く言っていますが「100回の練習よりも1回のライブ」というのも真実だと思います。たくさんの人の前に出て弾く時、なるべくミスの無いように丁寧に弾こうと努力するからだと思います。私はそんなウクレレが人生みたいな方々のためにこれからも良いウクレレを製作して行きます。弾いていて楽しいウクレレ。いつまでも弾いていたくなる音。だから毎日弾く。それが私のウクレレに対する理想です。