塗装も終盤へ

1/6から木工をスタートした今年第一陣もようやく塗装の終盤に入りました。すでに第ニ陣の4台の木工に取り掛かっています。塗装室が別にあればもっとスムーズに行くのにという思いは相変わらずありますが当面は5畳半工房で全工程をこなして参ります。狭い工房の利点は二つあり、ひとつは工房内の移動が最小限で済むことです。ちょいと手を伸ばせば何でもあります。もう一つは室温湿度管理が簡単であることです。最小限の加湿と加温で工房内の環境を維持できます。でも理想は8畳くらいでその中に塗装室があることでしょうか。建築申請の兼ね合いで6畳以下にする必要があった為にこのような小さな工房になりましたが、ここが私の大切な仕事場です。